【砂川市中小企業等振興資金
  中小企業等振興条例改正(制度融資改正) 平成26年4月1日

 中小企業等に対する支援制度として条例に基づき低利で融資を行い、用途に応じて利子補給及び保証料
 の補助を行っているが、平成26年度からの消費税増や、円安等による電気料等管理費の上昇等により
 市内中小企業者の経営環境は厳しい状況にある。
  商工会議所からも制度の見直しについて要望書が提出し、融資区分や期間の一部変更、運転資金の
 利子補給率や保証料の改正を行うことで、市内中小企業等の支援を強化する。

《保証料》
 運転資金・設備資金とも全額補給

《利  子》
 1.0%を限度とする利率の1/2
 
◆融資の対象 @原則として市内で同一事業を引き続き1年以上経営していること
(事業共同組合等にあっては、組合員の3/4以上のものが1年以上市内居住)
A砂川市で中小企業の振興上必要かつ、その事業が健全に育成されることが明らかなもの
B市税完納者
C保証協会対象業種
◆融資条件
資金名 条件 限度額 償還期限 融資利率
運転資金   100万未満 1年以内 長期プライレートと同率
100万円以上〜300万円未満 3年以内
300万円以上〜500万円以内 7年以内
設備資金 市長が査定した額の100分の100 500万円未満 5年以内
500万円以上〜1,000万円未満 7年以内
1,000万円以上〜3,000万円以内 10年以内
10年超〜15年以内(長プラ+0.3%)
 
 ※すべての区分において信用保証協会の保証が必要となります
 ※1企業の限度額を3,000万円以内とし、複数貸付が可能です
 ※土地の取得を目的とする融資については、用地取得から5年以内の施設設置を条件とし以下のもの以外は利用できません
  @市が処分する事業用地
  A砂川市土地開発公社が処分する事業用地
  B自己の所有する用地に隣接する事業拡張用地
  C自己の所有する事業用建造物が建設されている用地